知っておいて損はない。 事故発生から解決までの流れ

交通事故が発生してから、解決するまでの大まかな流れをご説明します。

① 事故の発生

  
② 相手方の身元の確認をします。   事故状況の確認をします。   

  ※ 警察には必ず届けましょう。

 このタイミングで弁護士に相談するのがベストです。

                  ↓ 詳細な説明があります ↓
 


③ 人身事故の場合は必ず医師の診断を受けましょう。 

                  ↓ 詳細な説明があります ↓

④ 相手方(または相手方の代理人)と示談交渉を行います。 


  この時点で、相手方(保険会社)より、示談金の提示がなされます。

                           ↓ 詳細な説明があります ↓


⑤ 示談がまとまれば、「示談書」を作成します。 

                           ↓ 詳細な説明があります ↓


⑥ 示談がまとまらない場合は、 さらに話し合いを継続するか、訴訟を起こすかを選択します。 


⑦ 専門家を交えた話し合いの方法として、 裁判所外で行う「示談あっせん」や「交通事故紛争処理センター」、「仲裁センター」での話し合いがあります。  

裁判所が関与する話し合いの方法として、「調停」があります。

                           ↓ 詳細な説明があります ↓



⑧ もはや話し合いでは解決できない場合は、訴訟によって解決を図ります。 

⑨ 訴訟の途中でも、妥協点が見つかれば和解することができます。

  和解ができなれば、判決によって解決を図ることになります。



ポイントについて、少し詳しく説明します。