交通事故の損害の種類

ひとくちに、交通事故による損害といっても、その内訳は非常に多岐にわたっています。 まず、大きく分けて物的損害人身損害に分けられます。

物的損害とは、いわゆる物損で、人以外の物に対する損害のことです。

人的損害は、人に対する障害(怪我や死亡)のことです。 





物的損害・人的損害をさらに分類すると、積極損害、消極損害、慰謝料 に分けられます。

「積極損害」とは、交通事故によって余儀なくされた出費のことです。 人的損害でいえば、治療費や入院雑費、通院交通費、死亡事故の場合は葬儀費用などが、積極損害にあたります。


 「消極損害」とは、交通事故に遭わなければ得られたはずなのに、事故によって得られなくなってしまった利益のことです。


人的損害でいえば、休業損害(=休業による減収)と逸失利益がこれに含まれます。



人的損害の種類については、次のページでもう少し詳しく解説します。