保険会社から治療費を打ち切られそうです。どうしたらいいですか。


追突された被害者に多いむち打ちですが、保険会社は骨や神経に異常がないむち打ちについては、3か月から6か月で完治するのが普通だと考えており、治療費の立て替え払いも、長くとも6か月で打ち切ることを通常の取り扱いと考えているようです。




まだ痛みが残っているのに、保険会社に立て替え払いを打ち切られた後、さらに通院した場合の治療費は損害と認められないからと、以降の治療を諦めてしまう被害者の方もいらっしゃいます。




しかし、むち打ちの適切な治療期間を判断するのは、保険会社ではなく医師です。




医師の診断が、6か月経過後も治療による回復の途中であるとの考えであれば、たとえ保険会社に治療費の立て替え払いを打ち切られた後であっても健康保険を利用して治療を継続し、治療終了時に医師の(後遺障害)診断書に基づいて、治療の最後までの治療費の支払を交渉することも可能な場合があります。




特に、裁判では主治医の判断は尊重される傾向がありますよ。




あきらめず、治療を続けましょう。






困ったときは、迷わず弁護士にご相談ください。

質問と回答は以下のリンクをクリックしてください。